形成外科・美容外科

当科の特色

 形成外科では、体表面の外傷や疾患に対する外科治療を主として行っています。当科では、患者様の価値観を尊重し、機能面だけではなく見た目をも重視した治療を心がけております。

 以下のような体表面の疾患に対して治療を行います。

  • 皮膚科全般(湿疹、かぶれなど)
  • 顔面や手足の外傷(切り傷・削げた傷など)、顔面骨骨折(ほほ骨やあご、鼻の骨など)
  • やけど
  • 昔の傷跡ややけどによるひきつれ、つっぱり、ケロイド
  • 皮膚腫瘍(ほくろ、いぼ、粉瘤(おでき)、脂肪腫、皮膚がんなど)
  • 難治性潰瘍(治りのわるいきず、糖尿病性壊疽、下腿腫瘍、褥瘡(床ずれ)など)
  • 皮膚や軟部組織欠損に対する再建(植皮、各種皮弁、指尖部や乳房再建、皮膚がん摘出部の再建など)
  • 美容外科相談(わきが、腋窩多汗症、陥没乳頭、でべそ、まぶたのたるみ、スキンケアなど)
    :保険適応となる疾患もありますのでご相談ください。
  • 先天異常(耳前瘻孔・副耳、耳の変形、多合址症など):主に学童期以降
  • その他(巻き爪矯正/手術、手外科など)

また、特殊な検査・治療として、

・顔面骨骨折では3D-CTにより立体的な評価を
・わきの多汗症に対してはボトックス注射が保険適応となりました
・治りにくいきずや潰瘍に対しては保存的治療として局所陰圧閉鎖療法を、外科治療と併用しておこないます

 患者様のご年齢や重症度、専門性などによっては対応が難しい場合もあります。より高度な治療が必要な場合には、関連の大学病院(主に日本医科大学形成外科)や施設などに適宜ご紹介させて頂いています。

 形成外科は比較的多様な分野であり、その治療法もさまざまです。よって、できるだけ丁寧にお話しさせていただき、その方のご希望に合わせた治療法のご提案ができればと思っています。
 まずはお気軽にご相談ください。

形成外科・美容外科を受診される患者様へ
毎週月曜日の午後は、手術を優先させて頂いております。外来診療につきましては、手術終了後からの開始となりますので、診察までに大変長い時間お待ちいただく場合がございます。 患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

受付時間

午前 8:30~11:30
午後 13:00~16:30

休診日 / 下記の他、日曜・祝日・年末年始

スケジュール(2016.10.1更新)

診察室
106 午前 石井暢明 - - - 小野真平 -
午後 (石井暢明) - - - 佐野仁美 -

形成外科医 小野 真平 - おの しんぺい -

出身大学 日本医科大学(H16年卒業)
日本医科大学大学院(H24年卒業)医学博士取得
専門・得意分野 マイクロサージャリーを用いた再建手術
手足の外科(きれいで痛くない動く手足を)
穿通枝皮弁による低侵襲できれいな再建
アウトカム研究(患者満足度研究)
所属学会 日本形成外科学会、アメリカ形成外科学会、
日本皮膚科学会、日本手外科学会、
日本マイクロサージャリー学会、日本美容外科学会、
日本創傷外科学会、国際熱傷学会、日本熱傷学会、
日本褥瘡学会、日本形成外科手術手技学会
認定・専門医 資格等 日本形成外科学会 専門医